カーテンサイズの測り方~購入の前に必ず確認ください~

間違わない簡単!カーテンサイズの測り方 ?購入の前に必ず確認ください?

カーテン・レースカーテンの測り方(動画編)

失敗しないカーテンの測り方を動画でご紹介しています。一般的な履き出し窓と腰高窓の測り方からご注文方法にいたるまで、網羅的にカーテンの購入について解説させていただきました。

カーテン・レースカーテンの測り方

間違わない簡単!カーテン・レースカーテンのサイズの測り方。

STEP1 幅を測る

幅を測る イメージ
幅を測る イメージ拡大
まず横幅から図りましょう。カーテンレールのランナーの端から端までの長さを測ります。両開きのカーテンを2枚かける場合は1/2した幅が横の仕上がりサイズです。

STEP2 丈を測る

丈を測る イメージ
丈を測る イメージ拡大
丈はカーテンレールのフックを掛けるランナーから丈を測ります。外部に人が出入りできる「履き出し窓」と、腰の高さの「腰高窓」とでは丈の決め方がことなりますので次の章で確認しましょう。

履き出し窓と腰高窓との測り方の違い

履き出し窓(床に接する窓)
履き出し窓の場合はマイナス2cmした長さがカーテンの長さです。レースカーテンはカーテンの下から見えないようにさらに2cm短めにします。
腰高窓(床に接しない窓)
ランナーから窓枠下までの長さを測り、それより15~20cm長めにするのが一般的です。レースカーテンはカーテンの下から見えないようにさらに2cm短めにします。

カーテンの総丈について

カーテンの総丈は表記の丈より3~4cm長くなります。
レースカーテンは表記サイズ(丈)通りです。

アジャスターフックはカーテンがBフック、レースカーテンがAフックでお届けします。Aフック、Bフックとは同一のアジャスターフックで、フック部分の位置の違いを表しています。

形状記憶加工のカーテンは、カーテン(厚手)もレースカーテンもAフックになります。また、形状記憶加工のカーテンの総丈は、カーテン(厚手)、レースカーテン共に表記サイズ(丈)通りです。

アジャスターフックについて

カーテン・レースカーテンには、すべてアジャスターフックが付いています。アジャスターフックで長さの調節が5ミリ単位でできます。
あわせにくい窓丈にもぴったりのカーテンが選べます。

  • カーテン・Bフック

    アジャスターフックで調節すると、カーテン丈200cmの場合
    204cm(+4cm)
    ~ 198.5cm(-1.5cm)

    上記のサイズ調整が可能です。

  • レースカーテン・Aフック

    アジャスターフックで調節すると、レースカーテン丈198cmの場合
    199cm(+1cm)
    ~ 193.5cm(-4.5cm)

    上記のサイズ調整が可能です。

カーテンの規格仕様

ファブファブのカーテンはすべて2つ山ブリーツ(1.5倍ヒダ)仕様です。
100cm幅の場合、7つのブリーツがあり、柔らかい印象です。

ファブファブのカーテンは、素材感の違った様々な生地を使用しています。商品を選ぶ際に、生地厚の目安や透け感などの表記を参考にしてください。

カーテンサイズの測り方ページのトップへ

ロールスクリーンの測り方・取り付け方法

間違わない簡単!ロールスクリーンの測り方・取り付け方法。

ロールスクリーンの測り方

ロールスクリーンを窓枠"内"か"外"のどちらで取り付けるかを決め、採寸します。

  • 窓枠内に取り付ける場合(天井付け)

    窓枠内側寸法より1~2cm小さいサイズ(幅・丈)をお選びください。

  • 窓枠外部に取り付ける場合(正面付け)

    窓枠外側寸法(幅・丈)と同じか少し大きいサイズをお選びください。

  • ロールスクリーンのサイズの見方

    生地幅はフレーム幅より3cm短くなっております。
    フレーム幅が商品幅になります。

ロールスクリーンの取り付け方法【1】

ブラケットを装着します。

  • 天井付けの場合

    天井板に、ビスでブラケットを固定します。

  • 正面付けの場合

    側板に、ビスでブラケットを固定します。

  • カーテンレールに取り付ける場合

    レールの溝内にレールビスでブラケットを固定します。

ロールスクリーンの取り付け方法【2】

フレームの耳をブラケットにかけ、パチンと音がするまで完全に押し込みます。

  • ※天井付け・正面付けされる場合木枠の奥行き(幅)は2.5cm以上、ネジを差し込む下地部分の厚さが1cm以上必要となります。
  • ※必ず木枠または下地のある場所に取り付けてください。ボード壁には取り付けできません。

ロールスクリーンの操作方法

プルコードを真下に引いてから手を離すと、そこから少しあがったところでとまります。
さらに、そこから少し真下に引いてから手を放すと巻き上がります。

カーテンサイズの測り方ページのトップへ

ブラインドの取り付け

採寸方法

ブラインドを窓枠"内"か"外"のどちらで取り付けるかを決めましょう。

  • 窓枠内に取り付ける場合(天井付け)

    窓枠の中にスッキリ収めたい場合におすすめです。製品サイズは、幅・高さとも窓枠の内側寸法から1cm程引いてください。

  • 窓枠外部に取り付ける場合(正面付け)

    窓枠を覆って光漏れを少なくしたい場合や、窓枠を隠したい場合におすすめです。幅・高さとも窓枠の外側寸法以上を、製品サイズとしてご指定ください。

  • カーテンボックス(ブラインドボックス)に取り付ける場合

    製品サイズの高さは、カーテンボックス(ブラインドボックス)の内側上部から測ってください。ブラインドボックスをお作りになる場合は幅を7cm以上に、深さはブラインドのたたみ込み寸法より多少余裕を持たせてください。

取付け

付属の取付け器具(ブラケット)に取り付ける場合と、カーテンレールへ取り付ける場合の2パターンを記載しています。

  • 取付け器具(ブラケット)を使う場合

    ブラケットの位置を決め、ビスで取付けます。3個以上の場合は、ブラケットの間隔が均等になるように取付けてください。

    <天井付けの場合><正面付けの場合>
  • カーテンレールへ取り付ける場合

    カーテンレールに取付ける場合はブラケットにレールビスを取付けて固定してください。

    • ※その際、あらかじめカーテンレールのサイドキャップを外し、ランナーを全て取り除いておいてください。
    • ※カーテンレールの形状によってはレールビスが取付できない場合もあります。
    • ※レールビスはオプションとなりますので、発注時にご指定下さい。製品本体発注時にご指定頂いた場合に限り、本体価格をそのままに製品と一緒に梱包します。
    1. カーテンレールビスを図のように組み込みます。
    2. 2次にカーテンレールの端部からスライドさせて位置を決め、ドライバーで固定します。

製品の取付け ※取付け器具(ブラケット)/カーテンレール共通

ブラケットの手前のツメにヘッドボックスを引っかけ、カチッと音がするまでヘッドボックスを押し込んでください。

ブラインドの取り付け方 ~ ウッディブラインドの場合【STEP1】

ブラケットの取付位置を決め、ビスで取付けます。
両端から3~10cm内側に取り付けてください。3個の場合はブラケット間隔が均等になるように取付けてください。操作部(ストッパー・チルトポール)及びラダーコード位置などには取付できません。その位置を避けて取り付けてください。ブラケットは一直線上に取り付けてください。1つのブラケットに2本のビスを使用してください。

  • ※ブラケットが確実に固定されていることを確認してください。
  • 天井付けの場合

    天井板に、ビスでブラケットを固定します。

  • 正面付けの場合

    側板に、ビスでブラケットを固定します。

ブラインドの取り付け方 ~ ウッディブラインドの場合【STEP2】

製品を取り付けます(写真は天井付けの場合です)

  • 取り付け(1)

    ヘッドボックスを両手で持ち、取り付けたブラケットのツメにのせ、その状態で、左右の位置決めをします。取り付け位置が決まったら、ヘッドボックスをブラケットに押し込みます。

  • 取り付け(2)

    ブラケット下板をヘッドボックス下面にあて、ブラケット前板をはめ込んでください。(ツメがかかるとパチンと音がします。)

  • ※ヘッドボックスが確実にブラケットに止まっていることを確認してください。
  • ※正面付けの場合も(1)(2)の手順は同様となります。
  • バランスの取り付け

    バランス裏面の金具をヘッドボックスに引っかけます。
    ※バランスが確実にヘッドボックスに引っかかっていることを確認してください。

ウッディブラインドの操作方法

  • 昇降操作

    (1)昇降コードを引くとブラインドのスラットが上がります。
    (2)昇降コードを引き、外側に傾けると途中で停止します。
    (3)下げる時は昇降コードを軽く引き、内側に傾け、手を緩めます。
    ※昇降操作は、コードの摩耗を防ぐため、できるだけスラットを水平にした状態で行ってください。

  • 開閉操作

    ポールを左右に回転させるだけでスラットの角度調整ができます。

ご注意
  • カーテンレールには取り付けできません。
  • ※天井付け・正面付けされる場合木枠の奥行き(幅)は2.5cm以上、ネジを差し込む下地部分の厚さが1.5cm以上必要となります。必ず木枠または下地のある場所に取り付けてください。ボード壁には取り付けできません。
  • ※ブラインドの昇降コード、回転操作棒は共に右操作タイプとなります。
  • ※ウッディブラインドの回転操作棒(チルトポール)の長さは、幅が60cmもしくは、丈が108cmの場合は50cmとなります。(それ以外は70cmになります。)

カーテンサイズの測り方ページのトップへ

カーテン・レースカーテンの機能ついて

  • 安眠1級遮光

    遮熱性・保温性効果もある、もっとも遮光性に優れたイチオシカーテン。

    遮光率100%に限りなく近い遮光カーテンで、遮音効果もあり、寝室やホームシアター用のお部屋にもおすすめです。(生地の裏面にアクリル樹脂コーティング加工を施しています。)

  • 1級遮光

    遮光率99.99%以上の光をカット。

    カーテンを閉めると、外光が入らず、
    外への光をもらさないのでプライバシーを守ります。

  • 2級遮光裏地付3級遮光裏地付

    遮光性と断熱効果の裏地付き。

    デザイン性豊な表地と、遮光機能を合わせ持ったカーテンです。
    (遮光裏地付カーテンは色により2級と3級があります。)

  • 2級遮光3級遮光

    黒糸を織り込み遮光性を高めています。

    黒糸を織り込み、遮光性を高めています。
    街灯の明かりや、自然光がほとんど気になりません。
    (遮光カーテンは色により2級と3級があります。)

等 級 1級 2級 3級
遮光率(JIS-L-1055) 99.99%以上 99.80%以上 ? 99.99%未満 99.40%以上 ? 99.80%未満
照 度 0ルクス超?10ルクス以下 10ルクス超?200ルクス以下 200ルクス超?600ルクス以下
状態表現 人の顔が識別できないレベル 人の顔あるいは表情が
わかるレベル
人の表情がわかるが、事務所には
暗いレベル

(財)日本ファブリック協会基準

  • ※カーテンの遮光試験方法(JIS-L-1055 A法 10万ルクス)に基づき遮光を測定。3段階の遮光1・2・3級と等級を定めました。
  • ※照度は、光源100,000ルクス(夏の直射日光がカーテンに当たる光量)に対し、カーテンを通過し1m程離れた場所の明るさです。
  • ※生地が同じでも色により遮光の等級が変わる場合があります。
  • 防災

    もしもの時にも安心。(防炎加工)

    万一の引火でも燃え広がりにくい防炎加工。

    消防庁認定の(財)日本防炎協会の
    認定マークが付いています。

  • 遮音

    音を遮って静けさをキープ。(遮音効果)

    家の中の音も外からの騒音も、しっかり遮って
    聞こえにくくします。

  • 遮熱

    熱気や冷気を窓際で遮ります。

    断熱効果の高い繊維や織り方・構造により、遮熱効果を発揮します。冷暖房効率アップが期待できます。

  • UVカット

    お部屋の日焼け防止対策に。

    当社のUVカット機能表示は、公的機関によって検査された、紫外線遮蔽率70%以上の商品に表示しています。

  • 目隠し効果

    外から見えにくく、プライバシーを守ります。(ミラー効果)

    ミラーレス・ミラーボイルカーテンには、日中のみ効果を発揮するタイプ、日中・夜ともに効果を発揮するタイプがあります。
    使用用途に合わせてお選びください。

カーテンサイズの測り方 ページトップへ