遮音カーテンのしくみ

【音が伝わるメカニズム】

音が伝わる仕組みは、空気が振動によるものです。私たちは普段、波動した空気を耳の鼓膜で受け取り、音として認識しています。音の高低音は周波数(Hz)で表され、音自体の大きさはデシベル(dB)という単位で表示します。

●音を遮るカーテンの構造

遮音カーテンといわれるほとんどの製品は、生地の裏面に樹脂コーティングが施してあります。この樹脂コーティングが音を遮る効果を発揮します。

なお、遮音とは音を完全遮断するというものではなく、音を伝わりにくくするという機能です。

通常、遮音カーテンは低音よりも高音を伝わりにくくします。理由は、低音になるほど物質を振動させるて音を伝えるため、それをカーテンで遮ることは難しくなります。

※3つの異なる色のアクリル樹脂を3重に施すことで、遮音効果を発揮。2層目の黒色コーディングが遮光性を高めます。