トップ > よくあるご質問 > 防炎とは?防炎カーテンの取り付け義務。

選び方のヒント

防炎とは?防炎カーテンの取り付け義務。

「防炎」とは、“不燃(燃えない)”とは違い、万が一、引火しても炎が燃え広がりにくいという意味で、防炎加工を施したカーテンが「防炎カーテン」とされます。販売している防炎カーテンには、この消防庁認定の防炎認定マークが付いていてその証明になります。カーテン1枚1枚に縫い付けられています。
高さ31メートル超の高層マンションには使用する階数に関わらず防炎カーテンを使わないといけないと消防法で定められています。
”使用する階数に関わらず”なので、高層マンションであれば1階にお住まいの方も全員義務付けられています。これは、高層マンションの消火作業性や避難性の不利さを考慮し、燃え広がりやすいカーテンやカーペット等にたとえ引火しても燃え上がらず、他の部屋への燃え広がりを少しでも遅らせることを目的としているそうです。
一般住宅ではないですが、「高層建築物」や「不特定多数の人が出入りする施設」でも使用が義務付けられています。
戸建てや、11階以下のマンションやアパートなどには、特に取り付け義務というのはありませんが、備えあれば憂いなしということで、もしもの時を考えて付けておくと安心です。

  • ドレープ2枚+レース2枚 お買い得 4枚セット \2,990~
  • 風水鑑定士宙SORAがすすめる 風水で選ぶカーテン
  • 売れて売れて記録更新中! 268,000セット突破!!
よくあるご質問ページトップへ
お気軽にお電話ください 0120-15-5577 受付時間(月~土):午前9時~午後5時30分
お問合せフォームはこちらから

コミュニティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファブファブへのご意見ご感想

サイトの使いにくい点や分かりにくいページなどご意見ご感想をお聞かせください。

※ご意見には返信をしておりません。返信が必要な場合はこちら