トップ > よくあるご質問 > カーテンが出来るまで(作り方)

仕様について

カーテンが出来るまで(作り方)

当サイトの多サイズ展開している大半の商品は、注文を受けてから1つ1つ国内の指定工場で手作りしお届けしています。カーテンの縫製は工場によってや縫製するもの(オーダー商品か既製商品かなど)によって少し違いはありますが大体下記のような流れになっています。

【ファブファブカーテン製造工程】

  1. 裁断:生地をカットします。
  2. 耳・裾縫い:カーテンの両端を耳縫いし、その後に下の裾部分を縫っていきます。
    形状記憶加工) 形状記憶つき商品はここで加工を行います。
  3. 芯付け:カーテン上部に芯地を縫い付けます。
  4. ヒダ取り:芯付けした上部のところにヒダをとっていきます。
  5. アジャスターフック付け(仕上げ)
    レースや形状記憶つき商品は「Aフック」を、カーテンにはBフックをつけます。
  6. 検品&畳みつけ 縫製不良などないかチェックして、丁寧に畳み付けします。※1
  7. 梱包※2
  8. 検針チェック:針や異物が混入されていないかきちんと1つずつ検針機を通してチェックし出荷されます。
  • 1 動画の畳み方は形状記憶付き用の折り方です。商品によって多少畳み方梱包の仕方は変わります。
  • 2 動画では形状記憶加工商品の為ラップ包みですが、通常はビニル袋に入れてお届けしています。
よくあるご質問ページトップへ
お気軽にお電話ください 0120-15-5577 受付時間(月~土):午前9時~午後5時30分
お問合せフォームはこちらから

コミュニティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファブファブへのご意見ご感想

サイトの使いにくい点や分かりにくいページなどご意見ご感想をお聞かせください。

※ご意見には返信をしておりません。返信が必要な場合はこちら