トップ > よくあるご質問 > カーテンの「1.5倍ヒダ」と「2倍ヒダ」の違い

仕様について

カーテンの「1.5倍ヒダ」と「2倍ヒダ」の違い

カーテンは、窓の幅よりも広い生地を使いヒダをとってカーテンを仕立て作られます。

  • 1.5倍ヒダカーテン(2ッ山):窓幅の1.5倍の生地を使いヒダをとる縫製です。既製品のカーテンの縫製によく用いられる仕様です。ヒダをとるための生地が少ないので、ヒダ数も少なくウェーブの出方も控えめになります。カジュアルな印象になりすっきりとした印象のカーテンです。
    既製カーテン、セミオーダーカーテンはこちらの仕様が一般的です。
  • 2倍ヒダカーテン(3ッ山):窓幅の2倍の生地を使いヒダをとる縫製です。一般的にはオーダーカーテンの標準とされています。2倍ヒダの方がヒダ山が高くヒダの数も多い為、綺麗なウェーブがでますしゴージャスな雰囲気になります。

同じ生地でもヒダ(プリーツ)の取り方が違うと柄の見え方やドレープラインが変わりカーテンの表情も変わってきます。2倍ヒダが高くて、1.5倍ヒダが安っぽいっというわけではありません。両方にいい点があるので、お好みや使い勝手を考えていただき購入いただけたらと思います。

  • ドレープ2枚+レース2枚 お買い得 4枚セット \2,990~
  • 風水鑑定士宙SORAがすすめる 風水で選ぶカーテン
  • 売れて売れて記録更新中! 268,000セット突破!!
よくあるご質問ページトップへ
お気軽にお電話ください 0120-15-5577 受付時間(月~土):午前9時~午後5時30分
お問合せフォームはこちらから

コミュニティ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファブファブへのご意見ご感想

サイトの使いにくい点や分かりにくいページなどご意見ご感想をお聞かせください。

※ご意見には返信をしておりません。返信が必要な場合はこちら